聖陵岩里病院について

聖陵岩里病院の役割

  • 1.地域の一次救急の患者を受け入れる
  • 2.地域住民のかかりつけ医の機能を有する
  • 3.施設・医院などの紹介患者を受け入れる

災害時における聖陵岩里病院の基本方針

1.医療機関としての役割

 救急告示病院として可能な限りの患者を受け入れる

2.避難施設としての役割

 避難施設として積極的に地域に施設を開放する

院長挨拶

 聖陵岩里病院は30年以上のあいだ救急医療を中心として日田・玖珠地域に医療を提供して参りました。開設者である故・岩里正生先生の理念である、『困っている患者さんの診療を断らない』ことを胸に、今後ともみなさまの健康を支えるべく、全職員一同さらなる努力をして参ります。
 当院は消化器を専門とする医師が揃っており、胃カメラ・大腸カメラ・カプセル内視鏡・エコー・CTなどの検査から、粘膜切除術・粘膜下層剥離術・胆膵内視鏡などの内視鏡治療、そして腹腔鏡手術を含む外科治療まで消化器疾患全般に対応する最新の体制を整えております。腹痛や吐血・下血などの緊急の受診から、胸やけ・はきけ・下痢などの症状に対する検査治療、胃がん・大腸がん検診の再検査など消化器に関しては何でもお任せください。
 もちろん消化器疾患のみでなく、高血圧・糖尿病などの生活習慣病や、循環器疾患、呼吸器疾患、外傷など幅広く診療を行っています。また、24時間365日休日・夜間外来対応しておりますので緊急の際はまずお電話でご相談ください。

院長  家永 淳

特定医療法人聖陵会の歩み

 特定医療法人聖陵会は1986年に日田市銭渕町に岩里内科医院を開院したのが始まりです。
 その後、岩里内科医院は救急指定聖陵岩里病院となり、救急医療を中心として、職員一同、日々努力してまいりました。
 また、介護老人保健施設聖陵ストリームや聖陵花月クリニック、訪問看護ステーション等を開設し、地域に根ざした医療、介護を提供してまいりました。
 皆様の多大なるご支援と、これまでの私どもの取り組みの結果、2017年度に聖陵会は特定医療法人に認可され、特定医療法人聖陵会と改称しました。
 特定医療法人とは、その事業が医療の普及及び向上、社会福祉への貢献その他公益の増進に著しく寄与し、かつ、公的に運営されていることにつき承認を受けた医療法人です。
 これからも、日田市、玖珠地区、及びその周辺地区の皆様に医療、介護サービスを通して貢献できますよう精進してまいりますので、変わらぬご支援、ご指導を賜りますよう、どうぞよろしくお願いします。

概要

名称 聖陵岩里病院
所在地 〒877-0052 大分県日田市銭渕町16-18
電話 0973-22-1600
FAX 0973-22-1603
理事長 山田 和典
院長 家永 淳
診療科目 内科・外科・消化器科・循環器科・呼吸器科
付帯施設 手術室・MRI・ヘリカルCTスキャナ・透視室
診療時間 月曜~金曜 9:00~12:00 14:00~18:00
土曜    9:00~12:00 14:00~17:00
※ただし、急患の場合は上記以外でも対応いたします。